春を追う旅.12 @U

チャンミンは
本当に気持ち良さそうに


可愛くイヤらしく


何度かドライでイった。




真白で大きなマクラの端を
握りしめながら

ビクンビクンと痙攣する身体、


朦朧とした瞳に、


俺はひどく満足した。





「ヒョンっ・・ヒョン・・・っ・・・」




夢中になって
俺の名前を呼ぶチャンミンを

抱きしめて、


汗ばんだ前髪を撫でて
キスをしてあげる。



そうして、自分もそろそろか、と

腰を浮かせて集中した




「チャンミナ、可愛いよ・・・」




目を閉じて
腰を打ち付けて

チャンミンの中で達した。


















天井で音もなく回る
空調のプロペラが

柔らかな間接照明の光を
細かく散らすのを


しばらく、ベッドに横たわりながら

ぼんやりと見つめていた。





俺もチャンミンも

さすがに、すぐには起き上がれなかった。






開け放した窓から聞こえる波の音が
ヒーリング音楽のように

心地良かった




寝てしまったかな、と
隣のチャンミンにチラリと視線を向けたら


気付いたのかチャンミンも

ほんの少し首を傾けて
俺に視線を向けた。




俺が微笑むと

チャンミンは
ゆっくりと睫毛をパシパシと瞬かせる



「・・・良かった?」

「うん・・・。ヒョンは・・・?」

「すごく良かった」

「良かった」



掠れた声で囁き合う。


チャンミンは
目を細めて

満足気にふわりと微笑んだ




「喉乾いたな・・ビール飲みたいです」

「飲もうか」

「うん」




チャンミンは気だるそうに
よいしょ・・・と身体を起こすと


〝ちょっと中の、綺麗にしてきますね〟と


少しよろけながら
バスルームに向かっていった。



ーーあぁ・・・

二回も中に出してしまったから・・・


申し訳ないなと思う




「手伝う?」

「大丈夫ですよ」

「ごめんね?」

「どうして?全然ですよ?」




チャンミンはそうけろりと笑って
バスルームのドアを閉めたのだった。







しばらくして、



シャワーまで浴びたのか

髪を濡らして
さっぱりとした顔で出てきたチャンミンと、


バスローブだけ羽織って

キンキンに冷えた缶ビールと
備え付けの小さなグラスを持って

ベランダに出た。




ウッドデッキ風の
ベランダには

布張りのソファとウッドテーブルが置いてあって、


さすが高級リゾートホテル、
ベランダまで高級感がある。




こんな布製のソファを外に置いて

雨が降ったらどうするのか、
なんて、つい庶民的な心配をしてしまうけど


まぁきっと、どうにかするのだろう

やっぱりいいホテルは違うな、と思った。







カコっと

缶ビールを開けて
グラスに注ぎ合う




「あぁ・・・、ほんと最高ですね」




琥珀色の液体が注がれて
表面が結露するグラス片手に

チャンミンは
しみじみと呟いた。




お互いのグラスをカチンと重ねて

ビールを飲む



目の覚めるような炭酸が、最高に美味しくて




「最高、天国・・・・」





俺たちはどちらともなく言って笑った。



















ちなみに、

チャンミンのセクシーな下着の事だけど



「今日はもう履きませんよ」

「えー履いてよ」

「さすがにもう体力残ってないもん」

「別にヤらしいことするとは言ってないでしょ?」



疑う視線のチャンミンを
俺はしつこく説得した



あまりにも
過度な期待を寄せている俺の様子に

チャンミンは呆れつつ

〝じゃぁ後で、寝る前に履きますよ〟
と渋々言ったけど、




「言っときますけど、普通よりちょっと布が少ないだけですよ?」

「そういう問題じゃないんだよ」

「じゃぁどういう問題ですか」




〝どういう〟ってそれは・・・



あんなに優等生で良い子然としていたチャンミンが

そんなものをわざわざ、
俺に内緒でこっそり買っていて

さらに旅行に持ってきてくれているという一連の事象が

堪らないんだよ・・・


と、熱く語りたかったけど



余計なことを言ったら
気が変わってしまいそうな気がして

なんとなく言うのはやめておいた。





「でも本当に今日はもうそういうの無しですからね」

「わかったわかった」





牽制するチャンミンに
返事をしつつ


明日の朝ならいいかな・・・と
勝手に自分なりの解釈をした。




朝の光の
明るいシーツの中


寝ているチャンミンの布団をこっそり捲って

セクシーで可愛いお尻を
穴が開くほど見つめよう・・・


なんて想像をする。






そんなこんなで

案の定というかなんというか
翌日は結局、


朝からずいぶんとイチャイチャしてしまって


観光に出発するのがかなり
遅くなってしまったわけなんだけども・・・・




その辺りはもう、

ご自由に。



想像に任せることにするよ。






なんてね。


















































最後投げた・・・(笑)


すいません。
どうもありがとうございました。


お久しぶりです♪
じょーじです♪

長々とお付き合いありがとうございました!!

こんな感じで申し訳ありませんが...
嬉し恥ずかしでございます(//ω//)




さてさてー

暑くなってきましたが
みなさまお元気ですか?


個人的には

冬物のクリーニング面倒だなぁ…
という気持ちでいっぱいです。
(その気持ちのまま秋になる時もある)←




次どうしようかな~は
まだ全く決まっていません!ので...

まったりと待ってて下さいませー( ̄∇ ̄)



では~

いつもほんとにありがとうございます♡
ラブ♡

ヨーロピアンシュガーコーン
あげます♡
↑大好きなんですけど知ってます??










↓良かったら押して下さい♡
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 東方神起
ジャンル : アイドル・芸能

2017-05-21 : →春を追う旅 : コメント : 19 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

栗尾ジョージ

Author:栗尾ジョージ
チャンミン御出演!「黄金を抱いて翔べ」
公開翌日の2012/11/4にめでたく開店です!

ファン歴はやっと1年くらいです。

ユノさんに恋していますが
なんだか可愛くて仕方ないのはチャンミン君です(笑)

まったりマイペースですがよろしくお願いします!

◉そこかしこに出てくる写真、
『卓上ラブラブ東方神起シリーズ』は
友人からの頂き物です♪ありがとうございます☆


こちらからどうぞ♪

カテゴリ

カウンター

カウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR